2017年01月14日(土)

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 



著者:木山 泰嗣
発売日: 2012/4/17

評価〔A〕 役に立つ超入門書です。
キーワード:法律、民法、弁護士、

自分に債務があることを認めることを「債務の承認」と言います。「債務の承認」があった場合には消滅時効は中断します。(1日目4時限より抜粋)


この本を見た時、知人の裁判の話を思い出しました。相手が悪いのだから弁護士はいらないと、弁護士を雇わないで裁判に行ったら、裁判所の人に弁護士がいなければ勝てる裁判も勝てませんと忠告されたそうです。法律は専門性の高い分野だと思います。中でも膨大な量がある民法は難しいそうです。必要性が高いけれど難解な民法を、できるだけ簡単で分かりやすく説明しようと試みたのが本書です。

超入門書なだけあって、知識がまったくゼロからでも読み進めることができます。内容は2日間の講義形式とし、前半は基礎を、後半はその具体例を挙げて解説しています。具体例が未成年の子供が万引きしたときの責任や、大家さんに無許可で部屋を又貸しなど日常で起こりそうな、または巻き込まれそうな問題が多く興味深いです。

予想通り専門用語が多くです。意思の欠缺(けんけつ)を始め聞きなれない言葉ばかりです。相手に原因があることを「帰責事由」なんて難しく言わなくてもいいと思うのですが、厳密に言葉を使わなくてはならないから仕方がないのかな。

印象に残ったのは上記引用の時効についてです。途中で「債務の承認」があると、さらに時効が伸びるのは知っておいたほうが良さそうです。飲食店の代金、ホテルの宿泊料の有効期限が1年しかないのも意外でした。また、連帯保証人についての記述も勉強になりました。単なる保証人の違いもきちんと説明してあります。債権者がいつでも連帯保証人に請求してよい点がポイントです。

超入門書とはいえ、もちろん分かりにくい難解な箇所もありますが、全体的に丁寧に要点だけ書かれていますので理解しやすいと思います。こうした知識は自分を守るために必要だなと再認識しました。



スポンサーサイト
[ 2017/01/14 21:35 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2017年01月14日(土)

ふしぎの国のバード 3 



著者:佐々 大河
発売日: 2016/12/15

評価〔B+〕 思わぬ厄介事が・・・・・・。
キーワード:旅行記、明治、日本、

「この国は決しておとぎの国などではないということです」(本文より抜粋)


引き続き会津道を進みます。劇中に登場する大内宿は、今でも昔の面影を残す観光地となっています。気になった方は行ってみてはいかがでしょうか。当時のバードの気分を味わえるかもしれませんよ。

明治維新が庶民の生活にどのような影響を与えたか、その一部が描かれています。遠い昔、歴史の教科書のように感じますが、ほんの140年ほど前のことに過ぎないんですよね。驚かされます。

新鮮だったのが川下りです。今でも体験できますが、遊びではなく交通手段として利用されていた船は危険な乗り物だったのではないでしょうか。迷信や縁起を担ぐことが多かったのも、時代を感じますけど、今でも少しは残っていそう。

隠されていた裏事情が明らかになり、旅もどうなるのかまだまだ分かりません。じっくり読み続けたいシリーズです。




[ 2017/01/14 21:33 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年01月08日(日)

「昔はよかった」病 



著者:パオロ・マッツァリーノ
発売日: 2015/7/17

評価〔B+〕 現代の悪いところばかり目立つものです。
キーワード:文化史、昔、社会、新聞、治安、人情、

戦前の日本では、今の10倍以上の詐欺被害が発生していました。しかも当時の日本の人口がいまの半分くらいだったのですから、戦前は平気で人をダマす悪いヤツがそこら中にいたんですよ。(第2章より抜粋)


異常なクレイマーやモンスターペアレンツ、凶悪な事件などがニュースで報じられると、社会が段々悪くなってきているような気がします。そうした影響からか、しばしば「古き良き」「昔はよかった」と言われますが、本当にそうなんでしょうか。イタリア生まれの日本文化史研究家が、様々な史料をもとに昔が本当に良かったか検証します。

読みやすい話し言葉で書かれていますので、かなり読みやすいです。新聞の投書や犯罪統計など裏づけもしっかりしていて、外国の方であることを忘れてしまうほど、内容もしっかりしています。

上で引用した犯罪件数が今のほうが少ないことは知っていましたけど、自警団の実態や美人を優遇していた企業・役所、商店街の歴史など知らないことばかりでした。印象に残ったのは、江戸時代は人情が薄かったことです。住居転出率の高さから、深い近所付き合いはなかったと断言していて興味深いです。

随筆は思うがままに書くものだと思っていたのですが、巻末の参考文献を見ると、下手な新書よりずっと正確であると感心しました。著者の他の本も評判が良さそうなので、機会がありましたら読んでみます。



[ 2017/01/08 19:05 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

2017年01月08日(日)

最後のレストラン 7 



著者:藤栄道彦
発売日: 2015/12/9

評価〔C〕 今回はあまり合わなかったです。
キーワード:料理、偉人、歴史、グルメ、

「私、変なものとか変わったものが好きなんです」(本文より抜粋)


前回登場した女性が再び登場します。予想通り、今後もヘブンズドアの人々と色々ありそうです。偉人紹介以外にも見どころができました。それにしても、園場のあの野良猫の件は意外でした。どうなることやら。

本筋の人物紹介ですが、今までとは違った演出が目立ちました。前後編のあの人物は、お話としては興味深いですが、この漫画の雰囲気には合わなかったのでは・・・・・・。それ以外の話でも工夫が見られましたけど、今回はいつもほど面白くなかったです。

巻末に外伝の「最後の小料理屋」が収録されています。園場のいとこが主人公で、本シリーズと同じような構成です。しかし、ページ数の少なさもあり、偉人の性格や価値観が少しだけしか分からず物足りないです。面白さもレストランのほうが上だと感じました。レストランがメインで良かったです。



[ 2017/01/08 19:01 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2017年01月02日(月)

京都ぎらい 



著者:井上章一
発売日: 2015/9/11

評価〔B-〕 京都の華やかでない部分を紹介。
キーワード:京都、洛外、洛中、歴史、地域差、

ひとことで言えば、洛外でくらす者がながめた洛中絵巻ということになろうか。(まえがきより抜粋)


京都の人は性格が悪いと書かれているのを、ネットで何回も見たことがあります。何でも遠まわしに文句を言ういやらしさがあるとかないとか。早く帰って欲しい客には「ぶぶ漬けでもどうですか」と尋ねる逸話が有名ですが、本当なんでしょうか。あまり語られなかった京都人の本心について、京都市嵯峨出身の著者が暴露します。

『洛中の人々は洛外の人々を見下している』。洛中の中華思想は、都会に住んでいるほうが格上という価値観に似ています。しかし、どの地域にもありそうな都会人の優越感よりを、さらに苛烈にした感じです。良く言えば自尊心、悪く言えば選民意識かな。このまえちょっとだけ読んだ漫画にもそのことに触れていて、洛中の中にも序列があるみたいです。なぜ住んでいる場所がそれほどまでに重要なのかは、正直言って実感できません。でも、著者自身も自覚していますが、著者がさらに洛中から遠い地域を下に見ていることから、京都付近の社会ではそのような強固な因習があるのでしょう。

他には寺と花柳文化、寺と行政、京都と江戸の意外な関係が明かされています。こちらは京都人ではなく、京都の町の特色を分かりやすく説明していて、さすが歴史のある都市だなと感じさせてくれます。歴史の勉強をするのに身近な地名が出てくると、分かりやすいし覚えやすくてよさそうです。また、寺の拝観料の正と負の面は興味深かったです。

残念なのは、歴史に重点が置かれて、本来のテーマであった京都人の価値観や性分が少ししか明かされなかったことでしょうか。帯には「千年の古都のいやさしさ、ぜんぶ書く」とある割にはそうでもなく、なんだか物足りなかったです。




[ 2017/01/02 22:03 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

2017年01月02日(月)

生徒会役員共 14 



著者:氏家 ト全
発売日: 2016/12/16

評価〔B〕 帯の劇場版の文字で驚きました。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

ち・・・近い・・・。なんで・・・いやまさか。(本文より抜粋)


2017年の最初の本は生徒会役員共の14巻です。あの表紙の4コマ大丈夫?(笑)

相変わらず安定した面白さです。いつものメンバーで、いつものように笑わせてくれます。ある部活にちょっとした変化が訪れます。でもあれ、今までそうじゃなかったのかと思うくらい馴染んでいますよね。それと、珍しく8コマ漫画があります。こうした工夫は歓迎です。

同著者の他作品の登場人物トリプルブッキングも登場します。あれ? 前に出たことなかったっけ? チラッと出るだけでなく、しっかり4コマを盛り上げてくれるので楽しいです。読んでいたら、彼女たちが主役の「アイドルのあかほん」も読みたくなってしまいました。今度読もうかな。

恒例のDVD付きもございますので、欲しい方はそちらをどうぞ。



[ 2017/01/02 22:00 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2016年12月31日(土)

2016年のまとめ 

今年は早めに年別まとめと書こうとしていたら、あっという間に大晦日になってしまいました。今年のまとめです。

2016年に読んだ本は100冊でした。昨年は124冊でしたので、だいぶ減りました。主に他の趣味に時間を割いていたためです。それでもどうにかして100は超えたいなと思っていたので、こうして達成できて良かったです。先月と今月は数を増やすため頑張りました。本の内訳は以下のとおりです。

小説 (15)
ライトノベル (7)
漫画 (47)
4コマ漫画 (1)
随筆 (1)
社会・歴史 (7)
心理・哲学 (12)
自然科学・医学 (5)
言語 (1)
実用 (4)
WEB漫画・同人漫画 (0)

総数が減ったのでほとんどの分野で減りましたが、小説と心理・哲学だけ増えています。前者は+2冊、後者は+3冊です。前者はそんなに読んだ覚えはないのですが、あまり自覚がないだけで読んだのでしょう。

漫画が相変わらず多いのですが、4コマ漫画と合わせても48冊、つまり48パーセントで半分以下です。60パーセントくらいかなと思っていたので意外でした。

いくつかの作品を完結まで読むことができたのが、今年の良かった点です。ひとたび興味が薄れると、なかなか再開する気になれないのですが、最後まで読み切ると心残りがなくなって気分が良いです。

続いて、評価別の数を紹介します。

〔S〕 2冊
〔A〕 18冊
〔B〕 61冊
〔C〕 18冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

最高の評価Sが2冊、最低のEは0冊。昨年に比べると、Bの割合が減り、評価が上下に分散しました。意図的に差をつけようと心掛けたので、こうなるのは分かっていました。でも、やはりSやDに相当する本はなかなかないですね。特にDやEはつけ辛いので、自然と少なくなります。

Sは「六花の勇者 6」と「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」。前者は本当に面白いファンタジーですし、後者は学問の総合的な興味深さを教えてくれるドキュメンタリーでした。こういう強烈な印象を残す本は好きです。何回か書いていますが、質よりも好みを優先しているところがありますので、本ブログの評価はあくまで参考までに。好みが合って喜んでもらえれば幸いです。

来年の予定は、まず今年の100冊は超えることでしょうか。あとは・・・・・・今のところ思いつきません。またSをつけたくなるような面白い本、新鮮な本に出会えればと思っています。

それでは、良いお年を。


[ 2016/12/31 11:50 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)