FC2ブログ







2019年09月08日(日)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 7 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2019/8/28

評価〔B〕 絵柄が少しだけ変わった?
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「」(??食めより抜粋)


更新のみ。


スポンサーサイト



[ 2019/09/08 21:34 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月08日(日)

山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か 



著者:羽根田 治
発売日: 2010/1/15

評価〔B+〕 実は危険な面もある趣味です。
キーワード:遭難、救助、登山、ハイキング、中高年、

次は自分の番かも──テレビや新聞で遭難事故を見たときに、まずはそう考えることから始めてみてはいかがだろうか。(第4章より抜粋)


最近、富士山の登山道が登山客で度々渋滞となっているという話を聞きました。富士山が人気なのもありますが、他の山でも多くの登山者がいるそうです。特に中高年の方々が多いとか。それを裏付けるかのように遭難のニュースもちょこちょこ目にします。本書では、どうして遭難は起きてしまうのか遭難するとどうなってしまうのかを具体例を挙げて注意を喚起しています。

趣味としての登山・ハイキングの発端から遭難や救助の歴史を統計データも交えて説明しています。次から次へと不幸な事故を読んでいると、なんて山は恐ろしいところなんだと怖くなってきますが、そうならないような対策や準備も載っています。迷ったら先に進まず引き返す、なんてのは単純なことですが覚えておいたほうが良いです。遭難者は手を振って知らせる、関係ない登山者は手を振らないなんてのも重要です。

戦後の登山の動向を読んでいると、若いときに登山ブームを体験した年代が定年後にまた山に戻ってきているようなので、新規の参加者が爆発的に増えている訳ではないみたいです。年配のバイクツーリングに似ていますね。若い頃の趣味はまたやりたくなるのでしょうか。

後半は山岳救助隊の声と遭難した登山者の声の両方が書かれていて、両者の登山や遭難救助の意識の差に驚きましたし残念な気持ちになりました。安易な救助要請やほとんど他人まかせの登山者の存在は困りものです。登山の危険性の啓蒙活動や入山料を取るしかないのかな。

あとがきでも触れていますが、著者が山を愛し過ぎていて少々怒りの書となってしまいましたけど、その気持ちも分からなくはないです。ちょっとしたハイキングでもツアー登山でも、山は危険な場所となり得ることを再認識しました。



[ 2019/09/08 21:31 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

夫婦という病 



著者:岡田尊司
発売日: 2018/3/3

評価〔A〕 既婚者だったらSです。
キーワード:夫婦、結婚、出産、離婚、恋愛、

そこで一番変わった点は、互いの非に目を向けるのではなく、互いの失敗に対して優しさや寛容さを取り戻したことだ。(第十五章より抜粋)


夫婦やパートナーとの関係をより良くかつ安定したものにするために、精神科医である著者が21のケースを通して解決策を模索します。

前半は夫婦が上手くいかなくなっていく様を何回も見るので疲れてきます。お互いにもう少し思いやることができたならと思うのですが、感情的になってしまうのも良く分かります。様々なパターンが挙げられているのでどれかに当てはまる夫婦も多いのではないでしょうか。

基本的には対人関係を支える愛着に注目し、安定―不安定と回避―不安の軸で男女を分類して特性を掴み問題の解決をはかっています。愛着スタイルを踏まえた上で原因と対策を説明しているので、分かりやすく頭にすんなり入ってきます。

後半は一度は不安定になった関係が持ち直した例が描かれています。我慢以外の解決策が提示されているので、どれか一つは実践できそうな方法が見つかるかもしれません。

読んでいるうちに現在の夫婦制度は現代人の価値観に合っているのだろうか、合ってない人もいそうだな、と思い始めましたが、終盤では結婚という形にこだわらない関係や生き方について述べられていて興味深かったです。一夫一婦制ばかり考えが囚われていましたが、違う可能性を示しているのが良かったです。現代の倫理観とは離れていて驚きましたけど。一夫一婦制に向いている人ばかりじゃないからね。

個人的に価値観が合わない対策や関係もありますが、夫婦やパートナーとの良い関係を保ちたいもしくは改善したいと思っているなら一読の価値はあると感じています。これから親密になる二人にも役に立つでしょう。

巻末の科学者の方の解説も良かったです。


[ 2019/09/02 21:59 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

敗者復活戦! 2 



著者:辻灯子
発売日:

評価〔C〕 穏やか過ぎるのも・・・・・・。
キーワード:古本屋、古書店、4コマ

「この辺りに疎遠にしている祖父母の店があるはずなんです」(本文より抜粋)


元キャリアウーマンを月穂と高校生アルバイトのニーナたちが描く、古書店での日常4コマ。

1巻は人物紹介でこの2巻から何か大きく進展するかなと期待していたのですが、予想よりも何も起きません。月穂をはじめ段々と人物が掘り下げられていくのは良いのですが、生活の中で起きる出来事が現実のそれとあまり変わりなく、よく言えば共感できる、悪く言えば退屈に感じました。もう少し漫画っぽくおもしろ可笑しいやり取りが欲しかったです。

次で最終巻ですが大きな事件は起きるのでしょうか。


[ 2019/09/02 21:57 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年09月02日(月)

2019年8月の読書メモ 

生徒会役員共 17〔B-〕
ふしぎの国のバード 5〔A-〕
ふしぎの国のバード 6〔B+〕
数学的決断の技術〔A-〕
閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット〔B+〕

岡本倫短編集 Flip Flap 新装版〔B+〕
生徒会役員共 18 〔B-〕


以上、7冊でした。もう一冊くらい新書か小説を読めるかなと思っていたのですがダメでした。なんだか4コマ漫画が増えてきた気がします。

読もう読もうと思っていた『岡本倫短編集 Flip Flap 新装版』がようやく読めて満足です。この他にも気になっている漫画があるので、どんどん読んでいきたいです。

先日、サイコろまんちかの1巻を再読しました。巻末のケース0の「傍観者効果」は何度読んでも面白いし上手いなあ。良かったです。



[ 2019/09/02 21:55 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)

2019年08月30日(金)

生徒会役員共 18 



著者:氏家 ト全
発売日: 2019/8/16

評価〔B-〕 DVD見たいなあ。
キーワード:4コマ漫画、学校、ギャグ、下ネタ

「編み物仲間が3人そろったな」「え?」(本文より抜粋)


相変わらずという言葉しか出ませんが、今までどおりのギャグです。今回もDVD付き限定版もあります。

登場人物が多いためか、出番の多い人と少ない人にはっきり分かれています。今回はウオミーを含む英稜高校の人たちが多めです。前回初登場のあの人は登場するけど少なめです。

ここ数巻はあまり大笑いすることはなくなりました。さすがに新鮮味はありませんが、飽きたわけではありません。おそらく。でも、そろそろ何か進展があっても良い気がします。


[ 2019/08/30 22:06 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

2019年08月22日(木)

岡本倫短編集 Flip Flap 新装版 



著者:岡本倫
発売日: 2014/7/18

評価〔B+〕 徐々に変化しているのが分かります。
キーワード:短編集、ギャグ、シリアス、SF、

「おれに出来ることは記憶の削除と追加だ」(レジストラより抜粋)


2000年のデビュー作から2011年までの8つの短編をまとめた短編集です。既に出版してある同名の短編集の新装版です。

初期からあの独特のギャグセンスなのかなと思って読んだら、熱血ものだったり切ない恋愛ものだったり様々で意外でした。顔の描き方も変化しているのが分かります。「極黒のブリュンヒルデ」のプロトタイプ読切「きみとこうかん」ではもうブリュンヒルデとほとんど変わりません。

面白かったのは「レジストラ」と「アルマージュ」です。特に「レジストラ」の夢を叶えたあの人が面白くて好きです。どう考えたらあの発想にいたれるのか不思議です。この短編は実は前に読んだことがあり、面白くて他の短編も読みたいと思ったのが本書を読むきっかけとなりました。上記の2つは盛り上がるし短編としてちょうどいい長さでスパッと終わるので良かったです。

長編もいいけれどこうした短編集もたまには出して欲しいですね。


[ 2019/08/22 20:42 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)